いち麻雀打ちの日々

生涯いちへっぽこ麻雀打ち・NISHIの麻雀ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その2

まずは皆さん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします(*´ω`*)!
で、今年の年越しは配信で麻雀を打ちながら迎えたわけですが、そこで「NISHIシステムの続き楽しみにしてます」といった意見も多数いただき、とても嬉しかったです。今年は更新頻度をもう少し上げる・・・ことができたらいいなと思ってます(笑)。

さっそくですが、俺はよく「お前配牌だけはいいよな」とか「ミスしたりしてもなぜか手が入るよな?」とか言われるんですが、これはちゃんと「配牌が良くなる打ち方をしている」ためであり、これがシステムその2というわけです。

http://tenhou.net/0/?log=2009113001gm-0069-0000-d10a3c52&tw=2
1位 NISHI(六段/R1970/+84) 4位 もっこり探偵(七段/R2077/-51) 3位 当大介(六段/R1950/-29) 2位 tk600(六段/R1942/-4)

いつも通りガンガン攻めるも実らず、2回の放銃もあって
10 1 1b
南場の親をむかえた時には断ラスに。

が、ここでこんな配牌が
10 1 1c

こうなって、裏は乗らず2600オール。
10 1 1d

ここから南3の4本場まで積み、下家がトンで終了。
以下の配牌と最終形は追記の方に並べておきます。見てもらうとわかるように、それまでの劣勢がウソのように手が入っています。

麻雀というのは、基本的にしっかり攻めている人に手が入ります。これは攻めることにより勢いがつき、それが牌にも伝わるからなんです。なので、多少の放銃にはひるまず、最後まで攻める姿勢を持ち続けることが、逆転の好手を呼び込む秘訣にもなります。

ちゃんと攻める→手が入る→それを仕上げてさらに勢いをつける→手が入る→・・・
これが攻撃型の雀士の理想の勝ちパターンであり、この状態を目指して打つのが麻雀の基本となります。

システムその2
「攻め続ける者には手が入る!」

banner_14.gif 10 1 1e
10 1 1f

10 1 1g
10 1 1h

10 1 1i
10 1 1j

10 1 1k
10 1 1l
スポンサーサイト

コメント

例え理論がどんなに素晴らしくても、成績が伴ってないと、
説得力が足りないですね。
ようするに、今年もチャオ☆(ゝω・)v

↑のようにいじわるな人が多いですが、めげずに独自の理論を完成させてください。

あけましておめでとうございます。
NISHI気分理論を今後も推し進めてください。

あけましておめでとうございます~。

心が折れやすい僕には「NISHIシステム」習得はまだまだ難しそうです…(笑)。

西さんあけおめです!
今年もよろしくお願いします。
一緒にリアル打ち、出来るといいですね~♪

皆さん、あけましておめでとうございます~!

>すずめさん
今年こそはぼこぼこにしてやりますお(#^ω^)ビキビキ

>このきーさん
ありがとです(*´ω`*)がんばります!

>ガスさん
NISHI気分(; ・`д・´)キッ

>ダイスケさん
習得すれば配牌とツモが良くなるので頑張ってみてください(笑)。

>おまつさん
ぜひまた一緒に打ちましょう~(∩´∀`)∩

あけおめ。今年もよろしくー。
「どっちが先に鳳凰卓に行けるか勝負っ!!」と四段の鉄雑魚が言ってみる。

>サバエブさん
あけましておめでとうございます~。今年もよろしくです(*´ω`*)
あ、実はさきほど昇段しました(∩´∀`)∩

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://nishimj.blog120.fc2.com/tb.php/127-8a7e9765

 | HOME | 

 

プロフィール

Author:NISHI
代表です(*´ω`*)
麻雀は人間力!!
bn200x40.jpg

登録されてます↓
ban1.gif

公式ファンサイト(*´ω`*)↓
日本麻雀NISHIグループ
NISHI理論

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。