いち麻雀打ちの日々

生涯いちへっぽこ麻雀打ち・NISHIの麻雀ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・「安牌を打つ順番」

南3局、8巡目に親がリーチ。点数状況は、
東家 15300点
南家 21300点
西家 19800点
北家(自分) 43600点
一発目でこの形。

一萬二萬三萬五萬五萬赤六萬四筒六筒八筒三索四索四索西中 ドラ八筒

「まず、ここから何を切りますか?」
不意に訊かれ、「えーと、三索かなあ」と答えました。
ここでは「とりあえず打西」で次へ話が進むはずが、期待外れの答えをしてしまったみたいです(笑)。
そして、解説が進み、それをまとめたプリントも貰いました。内容は前回の通りです。

でも、「オリるときは、他家にも安全な牌はできるだけとっておく」のならば、やはり一発目の形からは親の宣言牌である三索を合わせ打ち、西は温存するべきだと思ったんですがどうなんでしょうか。
細かいことかもしれませんが、そこを隣にいた講師の1人に尋ねてみたところ、「そうかもしれないが、この時点ではひょっとしたらアガリが望めるかもしれないし、とりあえず打西でいいんじゃないかなあ」といった意味のことを言われました。(記憶違いだったらスミマセン)

ただ自分の感覚では、この点棒状況この巡目で親に先制リーチを打たれ、自分はまだ上記の形なら「まず追いつけないだろうし、追いつくために無理をする状況でもない。リーチを打たれた時点でアガることは完全に諦め、守備に徹するべき」と感じたので、そこだけ少し違和感を覚えました。

どうなんでしょう。考えすぎでしょうか(笑)。
スポンサーサイト

お題は「安牌を打つ順番」

前の記事の続きなんですが、実戦の前に1問「何を切る?」をやりました。まずは状況から。
南3局、親のリーチを受けて、一発目で以下の形。

一萬二萬三萬五萬五萬赤六萬四筒六筒八筒三索四索四索西中 ドラ八筒

とりあえず打西、次巡無筋の七索を引いて撤退気味に打三索。そして次巡上家が打六筒とした後、無筋の九索を引いたところです。

東家(15300) 一萬三萬二筒西發南
           九筒三索横六萬四筒
南家(21300) 南二萬一索九萬四索三索
           北西九筒一萬
西家(19800) 一筒東二索東白八索
           九萬一筒二萬六筒
北家(43600) 九萬東一筒八索一筒九索
(自分)       一索西三索

一萬二萬三萬五萬五萬赤六萬四筒六筒八筒四索四索七索中 ツモ九索 ドラ八筒

さて、ここから何を切るべきでしょうか?

続きを読む »

某店、第6回麻雀教室

22日の土曜に行ってきました。こういうのに参加するのは初めてですが、雰囲気も良く、楽しめました。
レベル別に分かれて講義を行うので、初心者の方でも安心。ルールを全く知らないという方も、友人に連れられて参加されているのを何人か見かけました。
自分は「フリーで打ってるような人」のとこに参加。仮想のお金を使い、実際に打つというもの。ノーレート初体験。

四萬六萬七萬八萬九萬三筒四筒五筒一索二索三索八索八索 ドラ一索

これでリーチしたところ、五萬赤を一発ツモ。裏も1つ乗ってハネ満の3枚オール、という我ながらサギくさいアガリをするも、好調の下家を捕まえ切れず2着で終了しました。
終わった後も、打ち足りない人同士で少し打ってもいい、とお店側からも許可が出ていて当然のように参加。2着、3着とノートップでした。

はじめまして

麻雀好きのNISHIという者です。麻雀歴2年と少し、まだまだ未熟者です。これからも色々な人と打ち、色々なことを学び、強くなっていきたいと思っています。
よろしくお願いします。

 | HOME | 

 

プロフィール

Author:NISHI
代表です(*´ω`*)
麻雀は人間力!!
bn200x40.jpg

登録されてます↓
ban1.gif

公式ファンサイト(*´ω`*)↓
日本麻雀NISHIグループ
NISHI理論

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。