いち麻雀打ちの日々

生涯いちへっぽこ麻雀打ち・NISHIの麻雀ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その1

プロフィール欄にも載せましたが、最近らいつべでちょくちょく配信しています。
天鳳をひたすら打ちながら自分流の打ち方・考え方を披露しているのですが、思ったよりも好評を得られているようで一部の方からは戦術をまとめてブログにアップしたらどうか、という意見まで頂きました。
ということで、調子に乗ってNISHIシステム(「これはモラッタ打法」命名・このきーさん)を発表していこうと思います(*´ω`*)

配信中での一戦↓
http://tenhou.net/0/?log=2009121101gm-0029-0000-80f7d5a3&tw=2

東2?0で、こう。
09 12 17a

で、五筒切り。
09 12 17b

その後、もう一度五筒を引いてくるんですが、ノータイムでツモ切り。
09 12 17c

リスナーさんから、カン四筒の受けは残さないんですか?という質問を受けましたが、たしか「そんな受けはいらんのですよー」とか答えたはずです(笑)。

まずこの手牌ですが、見ての通り2(3)役ホンイツトイトイでハネ満がMAXの手です。
で、もしカン四筒受けを残して、そこが入ってのテンパイなら打点はマンガン止まりとなります。
もちろんそれはそれで十分な打点かもしれませんが、ここまではっきりとトイトイ形でのハネ満が見えている手でそれは、どうしても「もったいないな」と俺は思ってしまいます。
手牌がホンイツトイトイでのハネ満になりたがっているのだから、素直にそこまで伸ばしてやればいいのです。

手牌を見て、「こんな形に仕上がったら最高形だな」というイメージがわきますよね?
で、好調のときなんかは特にそうなのですが、その手牌の最高形に向かって好牌が押し寄せてきているのなら、素直にMAXまで手を伸ばしてやるのが決め手を和了るコツだと思います。
もちろんそのせいで和了りを逃すこともあるかもしれません。ただ、手牌をきちんと仕上げるべき形に仕上げているのならば、勢いが落ちることはありません。逆にさっきのカン四筒が「入ってしまっての」テンパイなんかは、たとえ和了れても勢いを失いかねない、「もったいない和了り」というわけです。

もちろん不調のときやまだ状態が仕上がってない時なんかは多少の妥協が必要になってきますが、きちんと我慢してチャンスを引き寄せたのなら遠慮することはありません。きっちり手牌を仕上げて、その半荘の決定打にしてしまいましょう。

システムその1
「手牌が伸びたがっている方向へ素直に伸ばしていけ!」

banner_14.gif
スポンサーサイト

後日談

改めて、オフ会おつかれさまでしたー!

成績は昼の部は6位でした。
最終戦で優勝者のおまつさんとの直対で断ラス食ったのが痛い。2着のおまつさんともし順位が逆だったら・・・。
まあ、たられば言っても仕方ないですねw
おまつさん、優勝おめでとうですー(*´ω`*)b

追記・ここで銀の人さんがもう一人のリーチ者がつかんだ五萬赤を見逃して見事四暗刻をツモったのですが、その見逃された人こそがなんとおまつのさとさん。見逃された者はツく!ということで優勝できたのですね(笑)。

夜の部の成績は、244321414 ?3000
とりあえず全ツ麻雀してたら狩られましたw
今回夜の部は順位戦になったんだけど、正直苦手ですw・・・天鳳雀士として激しくダメな気がするがあまり気にしないことにしよう(*´ω`*)

追記・真冬の向日葵さんとはマジで相性が悪い(麻雀のスタイル的に)と感じたんですが、気のせいなんでしょうかねえ(笑)?

あとブログにアップしたレポですが、あくまで今回病欠のヒゲさんに代わって書いただけであって、次回以降はまたヒゲさんの役目になる・・・はずですw

最後に、いろんな人に「和了ったときや勝ったときに喜びすぎ。軽くイラッときたわw」とか言われてるんですが、俺そんなに態度に出ちゃってますかねえ(*´ω`*)?

追記・実は天鳳SNSのほうに書いたものを持ってきただけ。ええ、手抜き更新です(笑)。

banner_14.gif

天鳳新宿卓5本場「2009年度忘年麻雀」

今回もアンコロさん主催のオフ会、第五回目に参加してきました!
以下、各参加者の感想など。

アンコロキング(八段)
新宿卓の主催者であり、親切な雀ゴロ。
全身黒ずくめの服装で現れて、「アンコロと呼ばれています」と渋く名乗るのは有名な話。
昼の部では中くらいの成績をとっておき、深夜にレートアップして一気にコロすことでも有名。
今回も朝まで「ご無礼」が炸裂しまくっていた。

一発ツモ太郎(二段)
実は最初から最後までいたのだが、ステルス能力を持っているため誰もその存在に気づかなかった。
唯一超デジタル雀士の俺には見えていたが、すみっこで体育座りしていじけ始めたのが面白くて、最後まで放置してしまった。あのときはごめんなさい。

ちゃら。(六段)
今回はナース服でさっそうと登場した。だがチャイナドレスのときと同じくあまりの皆のスルーっぷりにキレて、伝家の宝刀であるすり替えワザの封印を解き、同卓者をコロしまくっていたのは怖かった。

茨城北HAZ(六段)
ダンディなおじさん。だがその実態は歴戦の雀ゴロであり、何人もの人間を沈めてきたとか。
また一切の駄洒落を許さず、次々とBANしていくさまは本当に恐ろしい。
「皆、会社には内緒だよ♪」とかわいく言っていたが、正直そんなことする度胸のある人はそうそういないだろう。

すずめクレイジー(九段)
今回参加者のなかで唯一の九段様。会場の雀荘からもサインを求められたが漢字が間違っており、そのことを激しくバカにしたらおなじみの愛銃、コルトパイソンをぶっ放してきた。
ただ、これを予測してメンバーのさよっちが警官を待機させていたらしく、即座に逮捕されて署に連行されていった。

orif(四段)
今回初参加。だが、たまたまツキが無かったところに非情な雀ゴロたちの洗礼を浴びて、すさまじい額の借金を背負わされていた。
どうやらマグロ漁船行きとなったらしいが、「むこうぶちの江崎のように強くなって帰ります」と言っていたらしい。そのポジティブさは見習いたい。

kickchi(七段)
この人も雀ゴロであり、会場の雀荘の裏メンでもある。
ホームだけあって地の利がある彼は、負けたあといつの間にか消えているという廉太郎ばりの逃亡術を見せつけた。
「金を払わなきゃあ、負けじゃねえのよ」とは彼が最初に言った言葉であるともっぱらのウワサである。

はち(五段)
この人も初参加。今回はorifさんともども振るわず散々な成績だったが、実はこの人もずし同様酔拳の使い手であり、「医者に酒さえ止められてなければ、こんな奴ら一蹴できるのに・・・」とつぶやいていた。
なんでも酒さえ入ってればプロ団体の一つや二つは軽く壊滅させられるほどの力を持っているらしい。

巷の打ち手(七段)
今回は気合を入れるためスキンヘッドにして登場。だが娘に「怖い」と泣かれてガチへこみしたらしく、麻雀もブレが目立ち散々な内容だった。
酒の席で「こいつはちまった(しまった)!はっはっは!」と寒いギャグをとばしたところ、有無を言わさず即BANされていた。

頓服不眠時(五段)
いい人オーラ全開の彼だが、裏では色々なクスリをさばく危険な人で、自身もヒロポンにより卓上の牌が全て透けて見える状態にて会場にやってきた。
最初は勝ちまくっていたが、すずめクレイジーがしょっぴかれる際についでに捕まって連行されていった。

おまつのさと(四段)
今回の優勝者。四段というのは、ただこのオフに参加する条件を満たすためにそこまで上げただけで、実際は十段相当の実力者。「新人から四段に上げるまで5時間もかかっちまったよ。俺もまだまだだな」とは彼の弁。
裏の世界では知らぬ者はいないほどの代打ちらしいが、そのことについては一切語らなかったため詳細は不明である。

サバエブ(五段)
海外マフィアのボスであり、世界中あらゆる国を飛び回っているダンディなおじさんだが、奥さんだけには頭が上がらないらしい。
今回昼の部、夜の部ともに圧倒的な強さを見せつけ、「格が違うのさ、坊やたち・・・」と渋く言い放ったときは、さすがの貫禄に圧倒されたものだ。

いのけん(四段)
ごぞんじカリスマブロガー。咲を人数分全巻持ってきて布教していたのを見たときは、いろんな意味で圧倒的なパワーにえらく感心したものだ。「タコスは俺の嫁」というのが口ぐせであり、タコスをバカにした者は彼の部下である黒服に連れていかれ、二度と戻ってこないという。

泰氏(六段)
ごぞんじイケメン先生。女子高生を連れてくるという約束を守らないどころか、夜の部開始の際に「僕はこれからデート・・・おっと、ちょっとした用事があるから先に帰りますね」と心なしか見下したような目で言い放ち、その場の全員を敵にまわしていた。次回この場に来た彼の身が心配だが、さすがに自業自得か。

クロサギ(六段)
今回嫁に初めての徹マン許可をもらい、嬉しさのあまり3時間前に会場入りしてしまったとか。
伝家の宝刀チョンボは今回も炸裂し、期待を裏切らない活躍を見せた。息子さんマジかわいい。

銀の人(四段)
優勝のかかった最終戦で彼とあたり、見事にツバメ返しからの四暗刻を決められて撃沈された。違和感はあったのだが、あまりの速さに腕をつかむことができなかった。完敗である。

めそぉい(四段)
初参加であり麻雀歴約半年だという彼だが、前回の寧寧(六段)同様皆を油断させるためのブラフだったようで、次々に同卓者を血祭りに上げていた。ツモのときの掛け声は、もちろん「そぉい!」である。

平井理央(七段)
有名女子アナ。彼女が現れたせいで、一時会場内が騒然となった。
皆のサイン攻めにも快く応じるなどすごく感じの良い人だったが、牌を握るととたんに顔つきが変わり華麗な手つきで打ち始めた。ただ、寝不足には弱いらしく深夜の部ではフラフラしていた。

市民(八段)
今回も得意の差込みを武器に暴れまくり、「まあこんな奴ら相手なら負けはありえないね。次は優勝でもしてみようかな、気が向いたら」と言い放った。
また酒の席ではかじゅ先輩はガチ、ということについて熱く語り始め、賛同しないものには容赦なく鉄拳をくらわせて吹き飛ばしていた。

男冥利(六段)
ごぞんじランキングサイトの管理人にして、東天紅マスター。深夜の部のサンマ卓では圧倒的な強さで同卓者を狩りまくっていたとか。
ちなみにサイトの童貞検索機能はいまだ実装されておらず、大量のクレームを処理する毎日を送っているとか。

廉太郎(七段)
荒らしスキルに定評のある廉太郎。最近その煽り力を俺に向けて使ってくるので困っている。
春からはヒゲロング(六段)の家に転がり込み、愛をはぐくむ予定だとか。

青山学院4年(八段)
すさまじくハイテンションなメンバーさん。最後まで元気に打ち、元気に放銃していた。
彼からもらったハネ満のおかげで、残り3000点から2着に浮上できたことは忘れないだろう・・・たぶん。

ずし(八段)
血のかわりに二郎のスープが流れているという生粋のジロリアン。
麻雀を打っている姿は激レアであり、見かけたら三回願い事を唱えるとかなう、という都市伝説もできてしまったほど。

真冬の向日葵(七段)
北では超有名な代打ち。今回も黙々と同卓者をコロしていた。
俺がパンクした段階で「ここまでのようですね」と、紙袋いっぱいの札束を持って去っていった。

vs超店長(五段)
会場である雀荘の主。酒の席では得意のモノマネを披露して場を盛り上げていた。
すずめクレイジー(九段)をライバル視しており、「いつか倒してやりますよ」と語ってくれた。

bakase(永世八段)
誰もが認める鉄板八段(自称)。サイン会ではあまりの輝きっぷりに写真に写った人全員の顔がぼやけていた。
ただし今回も遅刻してしまい、アンコロさんに説教されたあと30分廊下に立たされていた。

ヒゲロング(六段)
天鳳界では知らぬ者はいないイケメンカリスマブロガー。今回も気合十分だったそうだが、病には勝てず無念の欠場。
「NISHI・・・あとは頼んだぜ・・・(レポを)」と言われたため、今回は俺がこんなレポを書くことになった。

ということで、今回のオフ会も非常に楽しめました。
アンコロさん、参加された皆さん、お疲れ様でした!

banner_14.gif

続きを読む »

11月28日

友人たちとセットするために、谷塚に行ってきました。
とりあえず結果を・・・。

2414 2333
1?2?3?2 ?10800

久しぶりに負けちゃいました(´;ω;`)
次は勝ちますよ!・・・たぶん。

banner_14.gif

 | HOME | 

 

プロフィール

Author:NISHI
代表です(*´ω`*)
麻雀は人間力!!
bn200x40.jpg

登録されてます↓
ban1.gif

公式ファンサイト(*´ω`*)↓
日本麻雀NISHIグループ
NISHI理論

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。