いち麻雀打ちの日々

生涯いちへっぽこ麻雀打ち・NISHIの麻雀ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成長(?)

麻雀に流れはあるか?
――そう問われたら、迷い無く俺はこう答えるだろう。
「当たり前だろ」、と。
何千、何万という闘いをくぐり抜けて研ぎ澄まされてきた、己の感覚がこう囁いている。
「ようやく掴むことが出来た」、と――。

本流に乗ったのならば、奇を衒う必要など全く無い。ただ牌の流れに逆らわず、打つべき牌を打ち、手牌をあるべき姿へと育てていけば良い。
永い闘いの日々の中で、俺はそう学んできた。

続く二戦目は、上家の男との和了り合戦の様相を呈してきた。
互いに一歩も譲らないまま、迎えたのは彼の親番である・・・南三局。
「・・・やっとテンパったよ。リーチだ――」

白一萬九萬七索四索二索
二萬西八索横

ついに来たか・・・。このまま終わるとは思っていなかったが、案の定――である。
実はこの時、こちらにもテンパイは入っていた。

一萬一萬二萬三萬四萬五筒六筒七筒六索七索八索九索九索 ドラ四萬

九索は既に2枚飛んでおり、一萬も親が1枚切っている。
さすがにこれでリーチは無い。平和への変化を待っていたところへ飛んできた、競り合い相手の親リーチ。
内心舌打ちしながらも、一発目に掴んだ牌は六萬だった。

いくら自分に勢いがあるとはいえ、「だから何でも勝負していい」とは決してならない。当たる牌は当たるのだから――止めるべき牌は止めなければならない。
「これは、当たる――」
己の感性が、そして牌が・・・はっきりとそう云っていた。
一萬を抜き、カン五萬待ちに手を変える。ここでもリーチは無い。この手牌、この待ちでの親との真っ向勝負は――自殺行為だ。

二巡後、八萬を引いて再度打一萬

二萬三萬四萬六萬八萬五筒六筒七筒六索七索八索九索九索 ドラ四萬

最善を、尽くしてきたつもりだ――。
それに応えるかのように萬子の感触を親指に感じた刹那、俺はその牌を手元へと引き寄せた。

二萬三萬四萬六萬八萬五筒六筒七筒六索七索八索九索九索 ツモ七萬 ドラ四萬

打点こそ安いものの、この半荘――いや、この勝負を決定付けてしまうくらいの感触を得た、値千金のツモ和了り。
「これはもらった、か――?」

だが、彼はまだ死んではいなかった。
9600点差で迎えたオーラス中盤、彼は気迫の篭った発声と共にリー棒を放り投げた。

一索九萬東一萬東一筒
發五索南一索東九筒横


lead to the next chapter...

banner_14.gif
スポンサーサイト

背景

このブログを読んでるような人は当然ヒゲさんやぷち先輩のブログも読んでると思うので、なんでいきなり吉田光太ばりの厨二力全開文章を書き始めたかはご存知かと思われますw

まあ簡単に言うとヒゲさん主催の身投げカップに出場し(詳細はぷち先輩のこの記事参照)、敗者となった俺とかじゅ先輩に「一般卓3戦+吉田光太風レポ」という罰ゲームが課せられた・・・というわけです。

02/22 | 牌譜 | 般南喰赤 | http://tenhou.net/0/?log=2010022200gm-0009-0000-7ac0ac67&tw=3
2位 D:NISHI(+8.0) A:NoName(-39.0) B:黒服A(+49.0) C:イニエフタ(-18.0)
02/22 | 牌譜 | 般南喰赤速 | http://tenhou.net/0/?log=2010022201gm-0049-0000-94e6185b&tw=3
1位 D:NISHI(+59.0) A:すごいやつ(-37.0) B:NoName(-48.0) C:NJHTH168(+26.0)
02/22 | 牌譜 | 般南喰赤 | http://tenhou.net/0/?log=2010022201gm-0009-0000-ad1bee19&tw=0
1位 A:NISHI(+50.0) B:たかはし智秋♪(-46.0) C:Genio(-19.0) D:gio2冒険野郎(+15.0)

まあ普通に勝ってしまったんですけどね(´・ー・`)フフン
レポも途中からなんか楽しくなってきましたし(笑)。ということで、最初は2回くらいで収めるつもりだったんですが、もう2・3話続くことになりそうですw

あとこれ作っときました(*´ω`*)↓


次回予告

あの漢達の祭典、身投げカップが帰ってくる!

第二回はこのきーアンコロキング、すずめクレイジー、CrazyGusといった鉄板強者4名が緊急参戦!!
そして、さらに過酷さを増す罰ゲーム!!果たして次の犠牲者は誰なのか!?

この闘いに勝者などいない。ただ、敗者が地獄に落ちるのみ。
苛烈なサバイバルの結末やいかに――!?

第二回身投げカップ、近日公開!!!


※ウソです、次回の予定は全くの未定です。
※なんか勢いで作りました。反省はしますが、後悔はしていません(キリッ
※当然上記4名の許可など全く得ていません。まあ許してくれるでしょう。・・・おや?こんな時間に誰か来たようだ。

banner_14.gif←はよ厨二レポ仕上げろや!という人はクリックw

成長(?)

気まぐれな牌の巡りはときに我々を翻弄し――そして嘲笑う。
麻雀という名の深淵に飲み込まれないために、必要なものがある。それは喩え何があろうと揺るがない、精神の頑強さ。

この道で凌いでいこうというのなら、あらゆる感情を捨て、ただ己の戒律に忠実に打ち続ける――それを常に徹底できる程の強固な意志が、必須条件となってくる。
それを満たせないというのならば、他の道で生計を立てた方が良い。

初戦でいきなり親のハネ満を打ち込み、残り4300点という窮地に立たされた俺は――それでも心が揺らぐことは全く無かった。
この程度で崩れるほどの柔な心では、勝負の世界で生き残れる道理などあるはずも無い。

一筒二筒三筒六筒六筒七筒七筒三索六索九索南白發 ドラ三萬

次局、こんな配牌に第一ツモが發である。
「寄せきることが、出来るか――」
揺るがぬ心に牌が応えるかのごとく、六筒白を引き寄せ、そして六巡目に七筒を引きテンパイを果たす。

一筒二筒三筒六筒六筒六筒七筒七筒四萬白白發發 ツモ七筒 ドラ三萬

ノータイムで四萬を曲げて、倍満をツモりに行った。「これは和了れる」という確信めいた何かが、俺の中には在った。
後から聞いたところ、白は下家と持ち持ちだったが發は誰も持っておらず、2枚とも山に生きていた。

一筒二筒三筒六筒六筒六筒七筒七筒七筒白白發發 ロン發 ドラ三萬 裏ドラ一筒

結果は發の出和了り。ツモ和了りこそ叶わなかったが、親からの――まさにデバサイの12000。
これで息を吹き返した俺は壮絶な打撃戦の末、なんとか二着に滑り込むことが出来た。

トップこそ取れなかったものの、あの窮地から這い上がってこれた――それを為すことが出来た今日の自分に、俺は確かな手応えを感じ取っていた。


lead to the next chapter...

banner_14.gif

成長(?)

初めて牌に触れてから、もう5年になる。

牌の魅力に取り付かれたあの日以来、ずっとこの道で闘い続けてきた。
「麻雀だけは、誰にも負けたくない」――ただその思いだけを胸に秘め、目の前の敵を倒すことに己の全てを注いできた。

牌に対して敬虔であれ・・・そんなことを思いながら、まるで自身を痛めつけるように過酷な闘いの日々を送った。そうしないと自分の中の何かが失われていくような、そんな強迫観念にとらわれていた。そうすることによって、なんとか自己のバランスを保っていられた。

そんななか出会った「彼ら」のおかげで、俺は変われた。いや、救われた――のだと思う。
あの頃の自分の中に在った、勝利にのみ飢えた強烈な執念。それとは違う新しい力が、現在の自分を支えている。
それでも麻雀打ちとしての矜持、そして「誰にも負けたくない」という強い想い・・・それらは、今も変わらず俺の中に在り続けている。

負けられない。いや、負けたくない――。
そんな想いを抱きながら始まった、天鳳ルール半荘3回戦。1戦目の東2局、俺はこの形でリーチを放った。

一萬一萬四萬五萬赤六萬七萬八萬九萬五筒赤七筒六索七索八索 ドラ四筒

直後に対面の親が、ツモってきた表示牌の三筒を横にしてたたきつけた。
「通れば――リーチだ」

南中發白東二萬
九筒八筒八索六萬三筒横

三巡後、つかんだ四筒を河に置くと同時に親の手牌が倒された。

四萬五萬六萬三筒四筒五筒五筒六筒三索四索五索六索六索 ドラ四筒 裏ドラ五萬

「裏1でインパチの一枚だな」

まだだ、まだ終わってはいない・・・。
残り4300となった点棒を見つめながら、自分に言い聞かせるように小さくそう呟いた。


lead to the next chapter...

banner_14.gif

いちブロガーの感情論

いち配信者として。

俺が初めて配信というものを見たのは、アンコロさん・・・の同居人であるツモ太郎さんの配信でした。
リアルタイムでその人が何を考えながら打ってるのか聞けたり、コメントを書いて交流したり・・・。「これが配信ってやつか。おもしろいじゃん!」と思ったことは、はっきり覚えています。
一般卓での配信なので、同卓するために新しいIDを作ったりもしました。サブアカとして使ってるNISHI2号です。
配信に凸って一緒に打つのもすごく楽しくて、調子に乗って何度もやってたらいつのまにか凸職人的なイメージがついてしまったりもしました(笑)。

いちリスナーとしてらいつべ配信を楽しんでいたのですが、パソコンを買い換えて配信するのに全く問題ないスペックになったこと、そしてまわりの友人たちの期待の声を受けて、自分でも配信を始めました。
正直俺はまだ麻雀あんまり上手くないけど、それでも自分なりの打ち方・考え方をかなり冗談も交えながら(笑)披露していきました。リスナーもいろんな方が来てくれて、質問を受けたりヌルい打牌を突っ込まれたりしながら、楽しく交流させてもらってきました。

「フェアな勝負のために、簡単に不正行為ができてしまう段位戦配信は無くすべき」っていう意見に関しては、理屈としてはすごく正しいと思うんですよ。正直反論の言葉が思いつかないし。
でも、じゃあなんでこんな議論になってんのかって言ったら、やっぱりみんな配信の楽しさ・魅力を知っていて、「このまま無くなるのも寂しいな」と思ってるから・・・だと思うんですよ、たぶん。いや、勝手な決めつけかもしらんですがw

いち配信者としてもいちリスナーとしても、このまま配信というものが消えてしまうのはすごく寂しい。
なにかいい案はないものか。俺もちょっと考えてる。


いち麻雀打ちとして。

まずぴーすけさんに関しては、俺は不正の証拠を持ってるわけでもなければ本人から直接話を聞いたわけでもないので、なんともいえない。
だからこれはあくまで俺個人の考えを言ってるだけなんだけれど。

俺は「自分は(へっぽこがつくがw)麻雀打ちです」とはっきり公言している。なにより、麻雀というゲームが大好きだから。

そりゃ配信開けば簡単に不正行為はできちゃうんだけどさ。まがりなりにも「麻雀打ち」っていうんなら、そんなことをしてほしくない。

麻雀っていうのは相手の手や山にある牌が見えないゲームであって、それが見えちゃったらもうそれは「麻雀」じゃない。「麻雀に似た別のなにか」に成り下がっちゃっている、と思う。

「麻雀打ち」なら「麻雀」を打ってほしい。麻雀が好きならば、なによりその麻雀を裏切るような真似はしてほしくない。
同じ麻雀打ちとして、そこだけは譲れないところであってほしいと願っている。

banner_14.gif

近況とか8

ここのところ仕事が忙しい&カゼをひいて死にそうだったんですが、なんとか復活しました(*´ω`*)

というわけでこないだ生存報告配信をやったのですが、休んでるあいだに運がたまっていたようで、かなり調子が良かったです(∩´∀`)∩
途中でヒゲさんの配信とかぶり決闘することになったのですが、3連続でヒゲさんトップで俺が2着。同卓者二人涙目といった感じでしたが、俺たちには配信者補正がかかってるのでこうなるのは仕方ないところですね(*´ω`*)

天鳳SNSの日記にはすでに書いたのですが、自分に決定的に欠けてる部分を補うためのトレーニングに今励んでいます。
鳳南打ったり配信したりする頻度は落ちちゃうけど、パワーアップするためには仕方ないですね☆(ゝω・)v
新打法で2号も鳳凰まで行って本IDは八段、いや九段まで行って・・・という野望があるんですが(笑)、達成できたらいいなあ。

世間ではバレンタインだのチョコだの言っているようですが、あんなのお菓子メーカーの陰謀ですからね!みんなまんまと乗せられてるだけですからね!
もちろん俺はそんなものに乗せられませんでしたチョコほしかったなんておもってませんほんとです(´;ω;`)

banner_14.gif←チョコのかわりにクリックをプレゼント(笑)。

1月30日

3232 2121
2?4?2?0 +10400

リベンジ完了(`・ω・´)

どうでもいいですが、このセット仲間のあいだでは俺は超守備型ということになってます(笑)。
普通に字牌のアンコ落としでベタオリしただけで、「すごくカタイ雀風だな」とか真顔で言われます。いやそれ普通ですからw

banner_14.gif

 | HOME | 

 

プロフィール

NISHI

Author:NISHI
代表です(*´ω`*)
麻雀は人間力!!
bn200x40.jpg

登録されてます↓
ban1.gif

公式ファンサイト(*´ω`*)↓
日本麻雀NISHIグループ
NISHI理論

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。