いち麻雀打ちの日々

生涯いちへっぽこ麻雀打ち・NISHIの麻雀ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抱負

まあなんやかんや色々ありまして、今年の抱負が決まりました。・・・今頃かよ、というツッコミは無視します(笑)。

今年の抱負
「すぐかっとならない」

俺はあまり表情とかには出ない(と思う)んですが、腹の底では意外とかっとなりやすいタイプで、「ついムキになって暴牌打って死亡」とか「つい熱くなって即予約ボタン押す」とかやっちゃうんですよね。

でもそれじゃいけない。そういった焦りを無くして、一戦一戦集中してきっちり打つことが大事だと。
言われてみるともっともだけど、実際にはなかなか出来ていない。
というわけで今年はすぐかっとならない、落ち着いた大人の男を目指すことにしました。

ってことで今年は渋いキャラで行くので、応援してくださいな(; ・`ー・´)

banner_14.gif←手遅れという言葉があってだな・・・という人はクリック(笑
スポンサーサイト

とあるへっぽこ雀士のチャオるまで

2月?3月の始め頃

tenhou_prof_20100120.jpg
(*´ω`)ふむ

だいたい2100?2400ptくらいをウロウロしており、もうすぐ八段だと信じて疑わなかった。
周りの友人たちにも「今回は八段余裕ですね(´・ー・`)フフン」と言い放ち、アンコロさんの「NISHIさんが八段になったら段位制が崩壊してしまう」発言(配信で言いましたよねコレ(#^ω^)キッ)に対しても、「じゃあ俺が段位戦を終わらしてやりますよ(´・ー・`)フッ」と偉そうに吹き、死亡フラグを立てることに余念がありませんでした(笑)。

3/9 ・・・0?3?2?1
3/10・・・0?0?1?2
3/11・・・1?0?0?3

( ゚д゚ )あ・・・れ・・・?

3/12・・・1?0?2?0
3/13・・・0?0?4?1
3/14・・・0?0?2?3

tenhou_prof_20100317.jpg
(;´Д`)ハアハア

3/16・・・0?1?0?2
3/17・・・1?0?0?2
3/18・・・ヒゲさんと決闘→あえなくラス
3/19・・・もう一回!→またしてもラス

(´;ω;)俺が・・・Rチャオ、だと・・・

※もともと俺はトップラス麻雀で、ptの割にRは高い方でした。
「Rチャオとかwありえないっすよwww」とか何度も言ってた以前の俺をなかったことにしたい(;´Д`)

そして、このままじゃヒゲさんとのチャオ寸同士・ライバル対決ができない!・・・ということで、急いで特上でRを稼ぎに行きました。

3/19・・・(特上)0?0?0?2

tenhou_prof_20100320.jpg


最近雀REVOに手を出してみました。
とりあえず10戦して、2?1?7?0(8級)とまだまだ初心者なぼくですが、皆さんよろしくおねがいしますです。
え?てんほう?
いやー・・・、まだ和了ったことないですねえ・・・(*´ω`)
え?ねとまのほう?
いやー・・・、なんかぼく強いショックで記憶が飛んじゃったらしくて、全然わかんないです(*´ω`)
ぼくのことしってるひとがいたら、なかよくしてくださいお(*´ω`)

banner_14.gif←現実逃避乙!という人はクリック(泣

3月5日、ウェルカム

もうSNSの日記の方では書いたのですが、久しぶりのフリーということで秋葉原のウェルカムに行ってきました。

1242 2
1?3?0?1 +1300

一応フリーの勝ち負けは全てブログに載せる・・・というマイルールがあるので(笑)、こちらにも収支だけは書きました。詳細(ってほどでもないけど)は日記を見てくださいな(*´ω`*)

あと、中二最終話はそのうち書きます。なんてゆーか、あれテンション高まってるときじゃないと書けないんですよw
本家のあの人とか、そこんとこどうなんだろ(*´ω`*)?

banner_14.gif

成長(?)

東一局親番で下家のリーチを受けるも、すぐにこちらもテンパイを入れることが出来た。

五萬赤五萬六萬七萬二筒二筒二筒二索三索四索六索七索八索 ドラ六索

リーチ――という言葉を飲み込んで静かに牌を打ち出し、俺はこの手をヤミテンに構えた。
「らしくないな・・・」と、心のどこかで呟きながら。

本手ならば迷わずぶつけて捲り合い、ツモり殺すのが己の身上だったはずだ。ずっと、そうやって闘い抜いてきたはずだ――。
今この右腕がヤミテンを選択したのは、闘いの日々の中で積み重ねてきたモノがそうさせた――即ち、成長の証なんだろうか。それとも、僅かに日和ってしまったから――なんだろうか。
直後に下家がツモ切った牌は・・・八萬だった。

好調の波が来ているのは、はっきりと感じている。
それでも俺は――再び兜の緒を締め直した。

南二局三本場、上家と約4000差のトップ目で、自風は北である。

下家の親が三萬横二萬四萬の仕掛けを入れている。

白東三索一萬東六索
四筒八索二筒

対面は二索二索横二索と鳴いている。

九索中一索一筒七萬西
七筒八筒八筒二萬

上家からは特に音は無い。
ここで、こちらも下家が飛ばした五索に喰いつきテンパイを入れる。

七索九索南南南北北 五索五索五索横 八筒横六筒七筒 ドラ九索

この直後、こちらが切った三筒を対面が叩き、打五索赤。さすがにテンパイはほぼ間違い無いと見ていいだろう。
直後に持ってきた牌は、北だった。

七索九索南南南北北 ツモ北 五索五索五索横 八筒横六筒七筒 ドラ九索

軽く全員の捨牌を一瞥する。これは、拾える――。
思い切って七索を切り飛ばし、ドラ単騎に構えた。この場況ならば、和了りやすさにおいてもカン八索と大差は無いであろう。

その後和了りが拾えぬまま、引いてきた牌を見て俺は顔をしかめた。
それは、死を予感させるような――まるで血で染められたかのように鮮やかな、赤い色をした牌であった・・・。

九索南南南北北北 ツモ五萬赤 五索五索五索横 八筒横六筒七筒 ドラ九索二索


lead to the next chapter...

banner_14.gif

成長(?)

二戦目のオーラス。二番手の上家に9600の差をつけ、迎えた親番。
中盤過ぎ、その上家からついにと言うべきか、やはりと言うべきか――乾坤一擲のリーチが放たれた。

一索九萬東一萬東一筒
發五索南一索東九筒横

この時一筒単騎でテンパイを入れていた俺が、一発目に掴まされた牌は二萬だった。

一筒七索八索九索西西西中中中 ツモ二萬 七萬横五萬六萬 ドラ四索

打てる牌ではない。打つべき牌では、ない――。
静かに一筒を抜き、二萬単騎に受け変えた。
正直この待ちで和了れる算段は、全くと言っていいほど無い。次にまた危険牌を引くようなら、流局を願いつつのオリも――已む無しだろう。

直後に下家が、三萬をツモ切った。無論、超危険牌である。
俺と対面は、目を見張った。そして――僅かな迷いを含んだ和了宣言が、聞こえてきた。

「ロン――」

四萬五萬五筒赤五筒五筒六筒七筒八筒五索赤六索七索北北 ロン三萬 ドラ四索

脇からの出和了りで捲るためには、ハネ満が必要である。彼は己のツモ牌では無く、裏ドラに全てを託した。

「乗れ、乗ってしまえ――」

捲られた表示牌には、5本の竹が刻まれていた。勿論、これでは足りない。
1枚乗るだけでは足りないのならば、見逃すべきではなかっただろうか。見逃して、己のツモ牌にこそ・・・望みを託すべきではなかったのだろうか――。
恐らくは焦りから来たのであろう――失着を打ってしまった彼に、勝利の女神が微笑むことは無かった。

さあ、もう一押しだ・・・。
今まで――最後の詰めを誤り、苦汁を嘗めたことが何度あっただろうか。もう・・・あんな悔しい思いをするのは御免だ。
ここまでの手応えから来る自信と、それが過信に変わってしまわないよう自分への戒めを心に刻みつけ、俺は最終戦へと臨んだ。

東パツ親番の俺に向かって、下家が牙を剥き出した。

九索一索北三索六筒九筒横

やはり流れが来ているのであろうか。
特に危険牌を打ち出すことも無く、すぐに追いつくことが出来た――。

五萬赤五萬六萬七萬二筒二筒二筒二索三索四索六索七索八索 ドラ六索


lead to the next chapter...

banner_14.gif

 | HOME | 

 

プロフィール

NISHI

Author:NISHI
代表です(*´ω`*)
麻雀は人間力!!
bn200x40.jpg

登録されてます↓
ban1.gif

公式ファンサイト(*´ω`*)↓
日本麻雀NISHIグループ
NISHI理論

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。