いち麻雀打ちの日々

生涯いちへっぽこ麻雀打ち・NISHIの麻雀ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成長(?)

麻雀に流れはあるか?
――そう問われたら、迷い無く俺はこう答えるだろう。
「当たり前だろ」、と。
何千、何万という闘いをくぐり抜けて研ぎ澄まされてきた、己の感覚がこう囁いている。
「ようやく掴むことが出来た」、と――。

本流に乗ったのならば、奇を衒う必要など全く無い。ただ牌の流れに逆らわず、打つべき牌を打ち、手牌をあるべき姿へと育てていけば良い。
永い闘いの日々の中で、俺はそう学んできた。

続く二戦目は、上家の男との和了り合戦の様相を呈してきた。
互いに一歩も譲らないまま、迎えたのは彼の親番である・・・南三局。
「・・・やっとテンパったよ。リーチだ――」

白一萬九萬七索四索二索
二萬西八索横

ついに来たか・・・。このまま終わるとは思っていなかったが、案の定――である。
実はこの時、こちらにもテンパイは入っていた。

一萬一萬二萬三萬四萬五筒六筒七筒六索七索八索九索九索 ドラ四萬

九索は既に2枚飛んでおり、一萬も親が1枚切っている。
さすがにこれでリーチは無い。平和への変化を待っていたところへ飛んできた、競り合い相手の親リーチ。
内心舌打ちしながらも、一発目に掴んだ牌は六萬だった。

いくら自分に勢いがあるとはいえ、「だから何でも勝負していい」とは決してならない。当たる牌は当たるのだから――止めるべき牌は止めなければならない。
「これは、当たる――」
己の感性が、そして牌が・・・はっきりとそう云っていた。
一萬を抜き、カン五萬待ちに手を変える。ここでもリーチは無い。この手牌、この待ちでの親との真っ向勝負は――自殺行為だ。

二巡後、八萬を引いて再度打一萬

二萬三萬四萬六萬八萬五筒六筒七筒六索七索八索九索九索 ドラ四萬

最善を、尽くしてきたつもりだ――。
それに応えるかのように萬子の感触を親指に感じた刹那、俺はその牌を手元へと引き寄せた。

二萬三萬四萬六萬八萬五筒六筒七筒六索七索八索九索九索 ツモ七萬 ドラ四萬

打点こそ安いものの、この半荘――いや、この勝負を決定付けてしまうくらいの感触を得た、値千金のツモ和了り。
「これはもらった、か――?」

だが、彼はまだ死んではいなかった。
9600点差で迎えたオーラス中盤、彼は気迫の篭った発声と共にリー棒を放り投げた。

一索九萬東一萬東一筒
發五索南一索東九筒横


lead to the next chapter...

banner_14.gif
スポンサーサイト

コメント

今回は内容が薄いですね ┓(;^ω^;)┏

>すずめさん
┓(; ・`д・´)┏シュッ!

超手なりww

それは言っちゃだめですwww

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://nishimj.blog120.fc2.com/tb.php/139-d52d1808

 | HOME | 

 

プロフィール

Author:NISHI
代表です(*´ω`*)
麻雀は人間力!!
bn200x40.jpg

登録されてます↓
ban1.gif

公式ファンサイト(*´ω`*)↓
日本麻雀NISHIグループ
NISHI理論

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。