いち麻雀打ちの日々

生涯いちへっぽこ麻雀打ち・NISHIの麻雀ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成長(?)

二戦目のオーラス。二番手の上家に9600の差をつけ、迎えた親番。
中盤過ぎ、その上家からついにと言うべきか、やはりと言うべきか――乾坤一擲のリーチが放たれた。

一索九萬東一萬東一筒
發五索南一索東九筒横

この時一筒単騎でテンパイを入れていた俺が、一発目に掴まされた牌は二萬だった。

一筒七索八索九索西西西中中中 ツモ二萬 七萬横五萬六萬 ドラ四索

打てる牌ではない。打つべき牌では、ない――。
静かに一筒を抜き、二萬単騎に受け変えた。
正直この待ちで和了れる算段は、全くと言っていいほど無い。次にまた危険牌を引くようなら、流局を願いつつのオリも――已む無しだろう。

直後に下家が、三萬をツモ切った。無論、超危険牌である。
俺と対面は、目を見張った。そして――僅かな迷いを含んだ和了宣言が、聞こえてきた。

「ロン――」

四萬五萬五筒赤五筒五筒六筒七筒八筒五索赤六索七索北北 ロン三萬 ドラ四索

脇からの出和了りで捲るためには、ハネ満が必要である。彼は己のツモ牌では無く、裏ドラに全てを託した。

「乗れ、乗ってしまえ――」

捲られた表示牌には、5本の竹が刻まれていた。勿論、これでは足りない。
1枚乗るだけでは足りないのならば、見逃すべきではなかっただろうか。見逃して、己のツモ牌にこそ・・・望みを託すべきではなかったのだろうか――。
恐らくは焦りから来たのであろう――失着を打ってしまった彼に、勝利の女神が微笑むことは無かった。

さあ、もう一押しだ・・・。
今まで――最後の詰めを誤り、苦汁を嘗めたことが何度あっただろうか。もう・・・あんな悔しい思いをするのは御免だ。
ここまでの手応えから来る自信と、それが過信に変わってしまわないよう自分への戒めを心に刻みつけ、俺は最終戦へと臨んだ。

東パツ親番の俺に向かって、下家が牙を剥き出した。

九索一索北三索六筒九筒横

やはり流れが来ているのであろうか。
特に危険牌を打ち出すことも無く、すぐに追いつくことが出来た――。

五萬赤五萬六萬七萬二筒二筒二筒二索三索四索六索七索八索 ドラ六索


lead to the next chapter...

banner_14.gif
スポンサーサイト

コメント

既に諦めてしまった俺と頑張り抜くNISHIさん、この差はなぜ生まれたのか
慢心、環境の違い・・

リーチ一発ドラ赤赤裏でハネm・・・・(;´∀`)?

ああドラ表示じゃなくてドラそのものか! 
間違えました(*´ω`*)

何気に楽しみに読ませて貰っています(≧∇≦)

>市民さん
身を削るような闘いの日々が、この差をなんたらかんたら(; ・`ー・´)

>でし6さん
わかりにくい書き方でごめんなさい(*´ω:;.:

>ならくさん
(*'ω'*)ポッ

まだ続いていたのわすれてたわ。

(; ・`д・´)キッ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://nishimj.blog120.fc2.com/tb.php/140-f2d0210f

 | HOME | 

 

プロフィール

Author:NISHI
代表です(*´ω`*)
麻雀は人間力!!
bn200x40.jpg

登録されてます↓
ban1.gif

公式ファンサイト(*´ω`*)↓
日本麻雀NISHIグループ
NISHI理論

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。