いち麻雀打ちの日々

生涯いちへっぽこ麻雀打ち・NISHIの麻雀ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレーニング

・いつまでも同じ戦術は通用しない

時代の流れとともに、麻雀のルールは大きく変化してきた。そしてそれとともに、流行の戦術は移り変わっていった。
例えば赤が入ってるかどうかだけで、かなり違う麻雀になってくるはずだ。

だから、「このルールにおいて、この手で何を切る?」という問題などは多くの雀士が好む話題だと思うのだが、実はそれほど重要なことではなかったりする。
ルールが一つ違うだけで、答えがコロッと変わることも多々ある。・・・そんな問題をいくら解こうと、これから先も「変化に対応して生き残っていく」ための、麻雀の「地力」の部分はなかなかつかない・・・と思う。

・自力で生き残れる打ち手を目指す

地力をつけるには、やはり「トレーニング」が必要となってくる。
(麻雀に限った話ではないが)力をつけたいのならば、ときに地味で苦しいかもしれない、地道な日々の鍛錬を積み重ねることこそが、唯一の道であることは間違いないはずだ。

そして、自立したトレーニング方法を持っていれば、ルールが変わっても外部に依存(例えば誰かがそのルールにおいての有効な打ち方を発表し、それの後を追う・・・みたいに)することなく、独力で変化に対応していける打ち手になれるはずだ。

・今打ってる麻雀の中に、自身を成長させる要素があるか?

例えば、一つ制約を入れて打ってみたり、「ここを特に注意してみよう」と意識しながら打ってみたり・・・。
これから先も戦い続けるのなら、ただ目先の勝ちだけを追って打つのではなく、打ち方の中になんらかのトレーニング要素を盛りこむべきだと思う。

そうやって一戦一戦を大事に積み上げてきた打ち手と、目先の勝ち負けにただ一喜一憂してきた打ち手と。
1戦や2戦ではほんの極わずかな差しかつかなくとも、それが5年・10年・・・と積み重なった場合、取り返しがつかないほどの大きな差となってしまうことだろう。

・目先の「勝つこと」ではなく、先を見据えて「強くなること」を求めて打っていく。

banner_14.gif
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://nishimj.blog120.fc2.com/tb.php/152-0516addc

 | HOME | 

 

プロフィール

Author:NISHI
代表です(*´ω`*)
麻雀は人間力!!
bn200x40.jpg

登録されてます↓
ban1.gif

公式ファンサイト(*´ω`*)↓
日本麻雀NISHIグループ
NISHI理論

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。