いち麻雀打ちの日々

生涯いちへっぽこ麻雀打ち・NISHIの麻雀ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々勉強です

まあぶっちゃけ鳳凰卓に来るだけなら、麻雀の基本である「感覚」と「勢い」だけあれば十分なんですが。
そこからさらに上を目指そうと思ったら、やっぱり牌理とか手筋とかの勉強もしていかなくちゃならないわけで。
「十段になる!」ってぶちあげちゃった以上は、苦手とか言ってられないですし。というわけで、ちょっと真面目な内容も書いていこうかな、と思ってます。

10 7 29a

何切ります?

10 7 29b

「は?三索東ポンしたあとどうすんだよ・・・。ツモ切りでいいんじゃ?」
「まあマンズの伸びを見て七索切りもいいよね。とりあえず三索だけはないかなあ」

たしかに東をポンしたあとの形を考えると、三索五索七索といういかにも不安定な形よりも、三索九萬のポンが効く形↓

四萬五萬赤六萬九萬九萬七筒八筒三索三索五索

こっちの方が、ずいぶんと安定していますね。打三索はメンゼン型の手筋だけど、この手は東をポンしていく前提の手なんだから、わざわざポン材を無くすのは悪手である、と。

本日の教訓。鳴いていく手は、ポンできる形の方が有利。

もひとつ。
10 7 29c

これも散々ツッコまれましたが、何にびびって白おさえてドラそばなんて打っちゃったんでしょうw

案の定、次巡に八索を持ってきて「やっちまった」と思いながら切っちゃったら、親がこれをポン。
幸い流局で助かりましたが、このあと親が喰い取った牌は六索六筒。普通に打ってりゃ、一萬四萬七萬待ちの鉄板リーチが打ててますね。

本日の教訓その2。ドラそばを早めに切っちゃうと、その周りのツモに対応できないので注意!

banner_14.gif たまにはためになる記事も書きます(笑
スポンサーサイト

コメント

ホントにこの打ち方で鳳凰上がれるたんですか?w

(ゝω・)v☆はすぐそこですね!

更に上を目指す人は現状に満足しませんね。
さすがです。

なんというお手軽更新・・・(; ・`д・´)

これはないわwww

>黒毛和牛さん
二度とチャオらないように勉強します!(;´Д`)

>このきーさん
お互い頑張りましょう!( ´∀`)

>すずめさん
それは言ってはいけません( ^ω^)

>ぎじゅつさん
これはいけないねえ(*´ω:;.:

上卓クラスの話は全然ためにならないので、真面目にやってくださいよ。
やっつけ更新とかニシさんらしくないです。

どこがためになるんだwww

7sツモ切る人、7s使う人。
自信もって切れる人はどちらも強いですね^^

^^っぽこ

鳳凰卓なんて似合わないから、早く特上に帰ってください^ー^

>名無しさん
信じられるか・・・?これ鳳凰卓の出来事なんだz(ry

>名無しさん
(; ・`ー・´)w

>いちかわさん
いつかやっつけてあげます(#^ω^)

>廉太郎さん
いやここが俺の第二の故郷なんで^^

にしさんのおかげで自信が出ました
僕も鳳凰にいけそうです

>名無しさん
鳳南で待ってます( ^ω^)

まさに役に立たない講座でしたが、暇潰しにはなりました。ありがとうございます。

基本は大事ですしらんけど( ^ω^)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://nishimj.blog120.fc2.com/tb.php/166-c2844899

 | HOME | 

 

プロフィール

NISHI

Author:NISHI
代表です(*´ω`*)
麻雀は人間力!!
bn200x40.jpg

登録されてます↓
ban1.gif

公式ファンサイト(*´ω`*)↓
日本麻雀NISHIグループ
NISHI理論

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。