いち麻雀打ちの日々

生涯いちへっぽこ麻雀打ち・NISHIの麻雀ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「流れ」について

「麻雀に流れってあると思いますか?」
「え?・・・さあ、どうなんでしょうねえ(笑)」

とある店でのメンバーさんとのやりとりです。「流れ」についての個人的な意見はあるんですが、こんな返事でお茶を濁しちゃいました。
それについて書こうかな、とふと思いました。

そもそも「流れ」って何でしょう?一人がバカヅキでアガりまくっている時、「流れが来ている」とか言いますし、そういった「偏り」の事を言うんでしょうか。
そうだとしたら「流れ」はある、ということになりますよね。バカヅキで勝ちまくるとか、逆にドツボにはまって連続ラス、とか。麻雀ではよくある事です。
そういったものを「流れ」と呼ぶなら、それは確かに存在します。

そして否定派の人は、「そんなの確率内における偶然だ」と言います。また、「流れを読んで次を予測するとか無理だろ。山がランダムに積まれている以上、次にツモる牌なんか全く分からないワケなんだし」とか。
まったくもってその通りであり、反論の余地が見つかりません。

「お前は肯定派か否定派か、一体どっちだよ」とか言われますが、ぶっちゃけ「そんなんどっちでもいーじゃん、興味無いよ」派です(笑)。あ、勿論こういうこと人に言ったりしませんが。

仮にそういったものの「有るか、無いか」が証明されて、結論が出たとして。それを知った人は強くなれるんですか?
変わらない、と思うんですよ。

流れが有るとか無いとか、そんな事に関係なく強い人は強いし、弱い人は負けるでしょう。
俺は強くなりたいんであって、「流れの有無を証明したい」とかそういう気はありません。
そして、実力を上げるには「実戦経験を積む」ことと「正しい反省、学習」によって、地道にいくしかありません。近道など存在しません。

強者は決して「流れが読める」とかが理由で強いワケではありません。
彼らは数え切れない程の実戦の中で、痛い目に遭いながらも少しずつ、少しずつ、バランス感覚を鍛え上げ、研ぎ澄ましています。だからこそ、彼らは強いのです。

流れは有るか、無いか。自分は強くなりたいだけなので、どちらでもいいと思っています。
皆さんはどう思われますか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://nishimj.blog120.fc2.com/tb.php/22-124f54a6

 | HOME | 

 

プロフィール

Author:NISHI
代表です(*´ω`*)
麻雀は人間力!!
bn200x40.jpg

登録されてます↓
ban1.gif

公式ファンサイト(*´ω`*)↓
日本麻雀NISHIグループ
NISHI理論

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。