いち麻雀打ちの日々

生涯いちへっぽこ麻雀打ち・NISHIの麻雀ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・「安牌を打つ順番」

南3局、8巡目に親がリーチ。点数状況は、
東家 15300点
南家 21300点
西家 19800点
北家(自分) 43600点
一発目でこの形。

一萬二萬三萬五萬五萬赤六萬四筒六筒八筒三索四索四索西中 ドラ八筒

「まず、ここから何を切りますか?」
不意に訊かれ、「えーと、三索かなあ」と答えました。
ここでは「とりあえず打西」で次へ話が進むはずが、期待外れの答えをしてしまったみたいです(笑)。
そして、解説が進み、それをまとめたプリントも貰いました。内容は前回の通りです。

でも、「オリるときは、他家にも安全な牌はできるだけとっておく」のならば、やはり一発目の形からは親の宣言牌である三索を合わせ打ち、西は温存するべきだと思ったんですがどうなんでしょうか。
細かいことかもしれませんが、そこを隣にいた講師の1人に尋ねてみたところ、「そうかもしれないが、この時点ではひょっとしたらアガリが望めるかもしれないし、とりあえず打西でいいんじゃないかなあ」といった意味のことを言われました。(記憶違いだったらスミマセン)

ただ自分の感覚では、この点棒状況この巡目で親に先制リーチを打たれ、自分はまだ上記の形なら「まず追いつけないだろうし、追いつくために無理をする状況でもない。リーチを打たれた時点でアガることは完全に諦め、守備に徹するべき」と感じたので、そこだけ少し違和感を覚えました。

どうなんでしょう。考えすぎでしょうか(笑)。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://nishimj.blog120.fc2.com/tb.php/4-a06fe033

 | HOME | 

 

プロフィール

NISHI

Author:NISHI
代表です(*´ω`*)
麻雀は人間力!!
bn200x40.jpg

登録されてます↓
ban1.gif

公式ファンサイト(*´ω`*)↓
日本麻雀NISHIグループ
NISHI理論

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。