いち麻雀打ちの日々

生涯いちへっぽこ麻雀打ち・NISHIの麻雀ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予想屋年末麻雀感謝祭

12月30日、予想屋さん主催の麻雀大会に参加してきました。
色々な方に声を掛けたそうですが、やはり年末で皆忙しいのか「行けたら行く」という返事が多かったみたいで、結局集まったのは5名。小規模な大会になりました。

全員一回ずつ抜け番で5半荘、各自4回の合計ポイントで優勝を争うことに。25000持ちの30000返し、ウマは1?3。つまりラスを引くとかなり厳しくなるので極力避けたいが、トップがそれ以上に大きいので、どこかで勝負に出ないと勝ちきれない、という感じか。

まず、結果から言うと、2着・2着・抜け番・トップ・2着。準優勝、でした。
この日は調子の差がかなりハッキリ出たみたいで、最終戦開始時、俺は+102でHさんが+103。Mさんがほぼプラマイ0で、M田さんとYさんは共に大トップでも全然足りないくらいのマイナス。で、抜け番はMさんなので、優勝は俺とHさんに絞られた格好に。
ここまで来たのなら、当然勝ちたい。気合を入れて最後の半荘に臨む。

南場の親でHさんに2万近い差をつける。本当に勝利まであと一歩、というところで。
また、ツメの甘さが出てしまう。
あの發を鳴いて、待ちを変えていたら・・・。後悔する間も無くHさんがリーチを掛け、俺はいったん回り、Hさんが切った牌をチーしてテンパイ復帰。その直後、Hさんが七筒を手元に置いた。皮肉にも、俺の最初のテンパイ形も同じくペン七筒、だった。リーヅモイッツー、裏がアタマに乗りハネ満ツモ。

次局が時間打ち切りのため、最終局。流局までもつれ込み、俺はテンパイ。Hさんがノーテンなら変わるが・・・。本当に、最後の最後、ハイテイでラス三筒を持ってきてテンパイ、だそうだ。
最後まで諦めず、逆転に成功したHさん。素直に、強かったと認めるしかない。
そしてそれ以上に、自分のツメの甘さもまた、認めるしかないんだろう。

昔、一度だけ最強戦の予選に出た時を思い出してしまった。
決勝卓に座るためには4位以内に入らないといけない。最終戦、トップ条件の俺は、最後の局でトップ目に立っていた。そしてテンパイを入れた俺は、八索を鳴けば待ちを変えれるところで、スルーという選択をした。
結果だけを言うのなら、それでアガリを逃し、目無しの親に6000オールをツモられ2着終了となった。結果は5位で、決勝卓には座れなかった。

悔しかったし、なにより自分のツメの甘さを恨んだ。そして、もっと強くなろうとそう思った。
色々な場で、様々な打ち手と牌を交わし、経験を積んできた。正直なところ、かなり強くなれたと自分でも思う。それなりに自信もついた。
それだけに、今回の敗戦は悔しかった。「あの時」と似たような状況で、似たような敗因。それを思い返しながら、自嘲気味に呟いた。
・・・俺もまだまだだな、と。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://nishimj.blog120.fc2.com/tb.php/65-97cec4b9

 | HOME | 

 

プロフィール

Author:NISHI
代表です(*´ω`*)
麻雀は人間力!!
bn200x40.jpg

登録されてます↓
ban1.gif

公式ファンサイト(*´ω`*)↓
日本麻雀NISHIグループ
NISHI理論

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。