いち麻雀打ちの日々

生涯いちへっぽこ麻雀打ち・NISHIの麻雀ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公開対局

10月27日、高円寺の「ミスチョイスQ」にて協会プロ三名と、とつげき東北氏による公開対局が行われました。
半荘二回戦、最高位戦ルール。合計ポイントで優勝者を決めたあと、感想戦を行うという流れ。

自分の目的は、吉田光太プロの麻雀。好きなプロの一人で、是非彼の麻雀を直接見たいと考えていました。
もちろん、二回戦とも彼の後ろで観戦しました。その独特な姿勢のため、やや左斜め後ろで。

やっぱりこの人は本物だ、と素直に感じました。場況を読み、適切な判断を下していく。感想戦でもその辺の、「何をどう捉え、どういう考えでその決断をしたか」をいろいろ解説していました。
とても、参考になりました。
そして、「場況を読み、対応していく事。ここが本当に麻雀の面白いところ」といった意味の言葉に、深く納得させられました。


その人の実力は、やっぱり本物で。
いつの日か、追いつくことが出来るだろうか。
この圧倒的な力の差を埋めて。
それで他の方の評価ですが、あくまでも個人的な印象で、独断と偏見によるといったことをご了承下さい。

鈴木プロは、この人も強いなと感じました。一、二戦ともオーラスアガリトップという状況までいくも、どちらも吉田プロに捲くられて二着。本当に、あと一歩でした。
感想戦のあとの、「こういった場では、牌譜では分からない「その時その人が何を考えていたか」という部分が聞けるところが面白いですし、参考にもなりますよね。またこういう試みをしたいですし、皆さんにも是非参加してほしいですね」といった言葉が印象に残ってます。
確かに勉強になりましたし、また機会があれば行ってみたいです。

市川プロは上の二人に比べ、どうしても一歩及ばない印象。まあ比べる相手が悪いでしょうし、実力はあると感じました。

で、凸氏ですが普通に弱いと感じてしまいました。
おぼつかない手つき、序盤からの長考の多さなど、知らずに同卓したら初心者だと思ってしまうでしょう。まあ、牌を握るのは久しぶりだったそうですが、それにしても・・・といった印象でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://nishimj.blog120.fc2.com/tb.php/9-89dcc8d5

 | HOME | 

 

プロフィール

Author:NISHI
代表です(*´ω`*)
麻雀は人間力!!
bn200x40.jpg

登録されてます↓
ban1.gif

公式ファンサイト(*´ω`*)↓
日本麻雀NISHIグループ
NISHI理論

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。